肥満治療薬として病院でも処方されているゼニカルですが、副作用があることにもご注意ください。当サイトではゼニカルの副作用を中心に、ダイエットにまつわる様々な情報を掲載しています。

Monthly Archives: 9月 2014

アレルギーがある人は飲む薬の成分に要注意

今では、多くの薬が薬局やドラッグストアで販売されていますし、インターネットでも薬は販売されています。
つまり、簡単に薬を手に入れる事ができて、自分の意思で服用する事ができるようになっています。
しかし、アレルギーがある人は飲む薬の成分に要注意しなければいけないです。アレルギーを持っている人は、ある成分に対して強く反応してしまい、もしその成分を服用してしまいますと発疹、めまい、おう吐、だるさなどがでてしまいます。
場合によっては、重症化してしまいますので注意が必要です。
もし、自分が何のアレルギーを持っているのかを把握できているのなら、その成分が入っている薬は服用するのを必ず避ける必要があります。
薬の成分は、薬が入っていた箱に記載していたり、薬の説明書に記載しています。しっかり見て、アレルギー反応がでる成分が入っている薬は避けていく必要があります。
また、一度でも薬によるアレルギー反応が出た人は、何の成分に反応したのかを調べてもらう必要があります。
また、出来る限り病院の先生に相談しながら薬を購入する必要があります。
そうする事によってアレルギー症状を防ぐ事ができます。このようにアレルギーがある人は要注意です。

医薬品に副作用は付き物である

よく医薬品を服用する際に副作用のことを気にされる方がいます。

しかし、医薬品に副作用は付き物です。
なぜならば医薬品の作用に付随するもがほとんどだからです。

例えば血液をさらさらにするという作用の薬があります。
しかし、効き過ぎれば内出血を起こすという副作用になってしまいます。

また、最近では食べ物でさえ食物アレルギーという副作用を訴える人が増えています。
医薬品は体に作用することを目的として作られています。
従って、食物でさえある副作用が医薬品にない訳がないと言っても過言ではありません。

しかし、あくまで副作用は副作用であり、主作用ではありません。
医薬品に副作用は付き物ですとは言っても、その薬を服用した人が必ず副作用を発現する訳ではありません。
従って副作用を気にするあまりに主作用をないがしろにしては、本末転倒ともいえます。

副作用情報は医薬品の適正使用をするためには大切な情報です。
副作用情報を知っていれば、出た症状が医薬品の副作用なのかどうなのかを自分でも判断する基準にすることができます。

従って、医薬品に副作用は付き物であることを正しく理解して活用すれば、医薬品を安全に使用することに役立てることができるのです。