本当に大丈夫?ゼニカルの副作用

肥満治療薬として病院でも処方されているゼニカルですが、副作用があることにもご注意ください。当サイトではゼニカルの副作用を中心に、ダイエットにまつわる様々な情報を掲載しています。

ゼニカルの副作用は効いている証拠?

ゼニカルは大手スイス製薬会社が開発し、1988年に発売開始した肥満治療薬です。
日本ではまだ承認されていませんが、欧米諸国をはじめ世界17ヵ国、4000万人の方に愛用されています。
ゼニカルには脂肪分解酵素であるリパーゼの働きを抑制し、摂取した脂肪分の30%を便とともに排泄する効能があります。
ゼニカルの副作用として確認されているものの大半は、消化器系に関わるものです。
主な症状は、頻繁な便意・おなら、排泄物を伴うおなら、軟便などです。
ゼニカルは、摂取した脂肪分を便とともに排出するので、これらの副作用はむしろ効いている証拠です。
しかし、肌がかゆくなったり皮膚の色が黄色くなったり、食欲不振をおこしたりなど肝不全の症状が出た場合は医師の診療を受ける必要があります。
さらにその他のゼニカル 副作用としては、ビタミン不足になる事があげられます。
ゼニカルは脂肪の吸収を阻害するため、脂溶性ビタミン類が不足しがちになります。
脂溶性ビタミンとは、ビタミンA,D,E,Kに代表される油に溶けるビタミン類の事を指します。
これらはゼニカルを摂取すると脂肪分と一緒に排出されるので、ビタミン不足になりがちになります。
ビタミン不足を補う為には、マルチビタミンなどのサプリメントで補ったり、野菜や果物中心の食事を心がける必要があります。
また他の薬を服用中の方は同時服用で思わぬ副作用を発症する可能性があります。
例えば脂質低下治療薬を服用している場合は、ゼニカルの効果が強くなりすぎるので薬の服用量を調整する必要があります。
ゼニカルは、肥満治療薬として世界中で注目されていますが、医薬品です。
誰もが気軽に服用できるとは限りません。
服用する際は、自分の体質や体調を見ながら服用する事が大切です。

おやくだちリンク
ケアプロスト 通販